作業実績の情報収集への活用

ハンディターミナル・スマートフォンシステムの開発・運用ミドルウェアかつ、作業実績の情報収集サービスとして利用
scene3_2

課題

倉庫システムパッケージと作業情報記録システムを個別で開発すると、コストが増大してしまう。

目的

倉庫管理システムと作業情報記録システムを一本化し、収集した作業情報をKPIデータとして利用したい。

効果

  • 管理者は作業者単位の作業情報/時間の管理が可能。
  • 顧客ごとに利用する端末が異なっても、個別のアプリの構築が不要。
  • 作業情報記録システムの構築が不要。

*作業記録Naviについては、下記URLをご覧ください。
http://www.sharedsys.co.jp/news/kirokuNavi.pdf