よくあるご質問

  • HOME
  • よくあるご質問

■動作環境

Q. HaiSurf3の動作環境を教えて下さい。

A. HaiSurf3サーバの動作環境は以下です。

<HaiSurf3サーバ推奨スペック>

CPU:OSの推奨スペック

メモリ:OSの推奨スペック ※目安としてAPサーバに512MB~2GB程度割当

HDD空き容量:OSの推奨スペック ※HaiSurf3サーバが使用する容量は100MB以下

<動作環境一覧>

OSJDK7/JRE7以降が動作するものWindows Server 2008 32bit/64bit
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012 32bit/64bit
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Linux
その他
※仮想環境でも問題なく動作します
APサーバJavaEE準拠Tomcat7/8/9 その他
DBサーバJDBC接続が可能なものSQL Server
Oracle
MySQL
Sybase
その他

Q. HaiSurf3はクラウド環境でも動作しますか?

A. HaiSurf3はクラウドサーバ上でも問題なく動作します。

Q. HaiSurf3は暗号化通信に対応していますか?

A. SSL暗号化に対応しています。

※一部非対応端末がございます。

Q. HaiSurfはスマートフォンやタブレットに対応していますか?

A. iOS/Androidに対応しています。

  • iOS 8以降
  • Android 4.4以降

Q. HaiSurf3からラベル印刷ができますか?

A. 無線LAN接続/Bluetooth接続のラベルプリンタに対応しています。
対応しているラベルプリンタについては、営業本部にお問合せください。

Q. HaiSurf3でOCR読み取りはできますか?

A. OCR読み取りに対応している機種がございます。
対応している機種については、営業本部にお問合せください。

Q. HaiSurf3に接続可能な端末数はどれくらいですか?

A. HaiSurf3はWebアプリケーションですので、接続する端末数に制限はありません。

1サーバで400台の端末のご利用実績があります。

Q. 一つのシステムで異なる機種の端末を利用できますか?

A. HaiSurf3では一つのシステムで異なる機種の混在利用が可能です。

例えば、以下のように異なるハンディターミナルを利用したいという場合でも同一のアプリケーションで動作させることが可能です。

  • 常温倉庫:通常モデルHT/冷凍倉庫:低温対応HT
  • 倉庫業務:HT/配送業務:スマートフォン

Q. SSWind3の設定画面の表示方法を教えて下さい。

A. 起動時に所定のキーを押下することで表示されます。

キーは機種により異なりますので、製品添付のインストールマニュアルをご確認ください。

Q. HaiSurf2とHaiSurf3は1つのサーバ上に共存できますか?

A. 共存できます。

Q. HaiSurf3は多言語対応していますか?

A. 対応しております。

 別途表示したい言語に対応したフォントをハンディターミナルにインストールする必要があります。

Q. サーバ側からハンディターミナルへメッセージの一斉送信は可能ですか?

A. プッシュ通知は現在非対応で、対応を検討中です。

Q.ロードバランサのセッション共有に対応していますか。

A.申し訳ございませんが、有償カスタマイズでの対応となります。

■開発関連

Q. HaiSurf2のアプリケーションはHaiSurf3で動作しますか?

A. 申し訳ありませんが、HaiSurf2のアプリケーションはHaiSurf3では動作しません。

HaiSurf2のアプリケーションをHaiSurf3のアプリケーションへ移行するための移行ツールをご用意していますので、お問合せください。

Q. HaiSurf3のアプリケーションの開発言語は何ですか?

A. UIはHaiSurf3 Designerで開発します。

HaiSurf3サーバ上で実行するビジネスロジックはJavaでの開発となります。

オフライン運用の際に端末上で実行するビジネスロジックは使用する端末のOSに依存します。
・各メーカーのHT専用OS  C/C++
 (各機器メーカーの開発環境、開発SDKが必要です)
・WindowsOS C/C++、.net Compact Framework(C#、VB)
 (VisualStudio2008と各機器メーカー提供の開発SDKが必要です)
・AndroidOS Java
・iOS オフラインアプリケーションには対応していません

Q.SSWind3を終了させるにはどうしたら良いですか。

A.終了フラグにtrueを設定した画面へ遷移してください。

Q. HaiSurf3サーバのCPU負荷が高くなってしまいますが対策はありますか?

A. 下記の設定をご確認ください。
  ・HaiSurf3サーバ設定のXMLパースのキャッシュ項目の設定に
   true:キャッシュ使用するを設定してください。
  ・HaiSurf3サーバで使用するメモリサイズを測定して、APサーバのヒープサイズ設定に
   使用量に応じたヒープサイズを設定してください。  

Q. 本番稼働時はAndroid OSのハンディーターミナルを使用する予定ですが、
開発はSSWind3 Simulator for Generalを使用します。
端末上でSSWind3を動かしながら開発する場合と比べてどのような制約がありますか?

A. 下記のような制約がございます。
  ・ SSWind3 Simulator for General(以下、SSWind3 Simulator)はWindowsベースの画面となるため、
    Android端末で表示した際の画面のフォント等の表示が 同じにならない可能性がございます。
  ・ SSWind3 Simulatorは一部のSSWind3で対応しているOCR読み取り機能に対応しておりません。
  ・ SSWind3 Simulator上では AndroidOS用に開発したSSWind3のオフラインカスタムクラスは実行できません。
  ・ SSWind3 SimulatorはLED発光、バイブレーション起動のシミュレートに対応していますが、
    Android端末機種によっては起動しないことがあります。

Q. HaiSurf3上で動作するアプリの開発を依頼することは可能ですか?

A. 可能です。 営業本部にお問い合わせください。

■ライセンスについて

Q. HaiSurf3のライセンスと価格体系を教えて下さい。

A. 営業本部にお問い合わせください。

Q. 試しに使用してみたいのですが、有償でしょうか?

A. 試用版を無料でご提供可能です。 営業本部にお問い合わせください。